めがねの就活生

ITベンチャーで大成功し、非常に大きな有名企業になるケースが増えており、多くの学生が夢のある就活先として考えています。
昔と違い、最近の学生は起業精神を持っている方が多いので、ベンチャー企業を好んで目指す方が増えています。
またインターネットやスマートフォンの普及により、IT技術が世の中に定着しており、昔のように難易度が高いものという印象もなくなっています。
またIT世代の学生であるので、非常に詳しい技術を持っています。
例年ベンチャー企業を集めた就職セミナーを行うと、非常に多くの学生が参加している実績があります。
ベンチャー企業に就職し経験を積んだ後、自らベンチャー企業を起業する計画を持っている方も多く存在します。
現在の就活の特徴は、安定企業を求める傾向とベンチャーへの挑戦を持つ傾向に大きく分かれている傾向があります。
これからは景気回復が見込めるため、今までよりベンチャー企業で挑戦する学生が増えていくという統計も出ています。

将来性がある

まず、ベンチャーというのは、新興企業や新興ビジネスのことです。
そして、それは新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的で革新的な経営を展開すします。
日本という国は、外国に比べてベンチャーに優しくないと言われています。
制度や法律があまり適していないのです。
そういうこともあり、日本の学生にはベンチャーという言葉はあまりなじみがありません。
言葉自体は知っていても現実味をもつことはなかなかないのです。
ですから、多くの学生は普通の企業に就職する道を選んでいきます。
アメリカでは人口に占める企業家の割合はだいたい8%から10%なのであるのに対して、日本は3%から4%なんです。
つまり、ベンチャーを自分で起こす日本人の割合は少ないとうことです。
また、自分で起業するのではなく、その手のベンチャー企業に就職する人についても、日本は少ないです。
しかし、近年IT革命が起きたりしてITの新興会社やITでの起業が日本でも増えました。
普通に就活して普通の安定した企業に就職した人よりも、ずいぶんとおいしい思いをした人も少なくありませんでした。
しかしかながら、ベンチャー最大の欠点である不安定性がやはりあります。
つまり、一時期景気がとてもよいとしてもそれが長続きすることは難しいということです。
ITバブルがはじけてしまった今は、ベンチャーの勢いも少しかげりを見せてきています。
しかしながら、新興企業には、普通の会社にはない技術や知識があります。
将来性があります。
就活では、新興企業という選択肢も入れておいて損はないかもしれません。

オススメリンク

こぶしを突き出す就活生

利益率の高いビジネスができる

コストをできるだけ最小限に最大の効果を発揮する業態として、ITがあげられます。
ITについては極端な言い方をするとPCとインターネット回線があれば、あらゆるソフトウェアの開発が可能となります。
しかもインフラ関係につい...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031